ナマケモノブログ。

ぼーっとしようよ。

雑文

お久しぶりのブログです。

忙しかったり、めんどくさかったりで書くことをやめてたら、無性に書きたくなってきた。だから書く。推敲はしない。雑文を丸々出す。

最近は日々を無感動に消費している。ためにも何にもならない毎日。ニュースを見て、しょうもねぇなぁ、と言ってる僕が一番しょうもない。

でも、口には出ちゃう。

頭に思いついたことから吐き出していこう。

前回書いた表現の自由の話の続き的なものになる。表現の不自由展をはじめとした最近の表現の自由についてのニュースの最新版。映画祭の件だ。

あれがニュースになった時、Twitterでは左翼も検閲してんじゃん的なツイートが多かった。おそらく、映画が歴史修正主義的な映画だと勘違い人が呟いていたのだろう。僕もすっかりそう思ってしまっていた。慰安婦問題について取り上げた作品=正当化しようとするものを人権意識の進んだ川崎が止めようとしたのかと思った。

ただ、その後NHKのニュースで市に訴えを起こしているのが新しい歴史教科書を作る会の人間だと知って勘違いに気づいた。

つまり、あっちの人間なのだ。なぁんだ、やっぱりか。

それでいて、左翼がダブスタで検閲をしようとしている!なんてひどい自作自演だ。

歴史修正主義ここに極まれりってか。

 

あとは、なんだ。英語の民間試験のやつだ。僕には弟がいて、そいつは受験がドンピシャの年だったからひどく安心してた。前々からいろんな情報が出ていた。民間試験の丸つけをするのはアルバイトの大学生で、それなのに記述問題が多い、つまり難しい丸つけをど素人にさせるだとか。試験にお金がかかるからそこに公平性がないだとか。散々当事者から声は上がっていた。

あんなに高校生が声をあげ、識者が声明を出しても頑なに変わらなかったモノが、大臣の失言を契機に一気に変わった。呆れたね。

判断材料はとっくに出ていた。大臣の失言前と後でマイナス要素は変わってない。

メンツかなんかだろうがそんなモノに国民が踊らされてるんじゃないかと思った。

受験という人生の一大イベントすら不都合に目を瞑り強行しようとしてた政治家共なら、知らないだけできっと他のことも不都合から目を逸らし強行しているものがあるだろう。嫌な話だ。

 

さて、ここまでさんざん権力者に文句を言ってきた。これについて時々ふと考えることがある。おそらく遥か昔からこんな行為は行われてきたわけだ。王やら貴族やらに文句を言ったり不平をこぼしたりする姿は今も昔も変わらないだろう。

これはもしかして、反抗期の一種なんじゃないだろうか。人間の本能に刻まれた仕組みとして僕は思考し、何かをぼやくのではないか。成体となった時に母体を離れ、彷徨うためにヒトは住んでいる社会に不満を持つのではなかろうか。遺伝子に刻まれたモノによってヒトの動きが規定されていると空想をする。

表現の自由

 表現の自由。表現することを権力によって制限されてはならない的なイメージ。この間の献血ポスターの話とか、表現の不自由展だとか。大抵みんな自分の意見だけを言いたいからお祭りになる。今回はそのお祭りに参加したい。

 

権力によって表現が制限されると、国家のための芸術ばかりが優遇され、反対に批判的な芸術は弾圧されてしまう。それは国家主義的で非人道的だから表現の自由というものがあるはず。だから、天皇の肖像が焼かれようが、原爆サイコーと叫ぼうが、それを妨害しちゃいけない。それを嫌いだとか、最悪だとか訴えるのはそれもまた表現だから自由。だけど、献血ポスターの話とか、その他諸々の運動は少し違うように思う。

彼らは、その表現が主張する思想が気に食わないからやめさせろと訴える。

いわゆるフェミニストだ。人権のためにその表現を今一度考えろ、というのが彼らだ。

僕は素人ながら考えてみた。彼らのツイートや、説明を読んで僕の中で生まれた僕なりの結論をここでまとめる。

 

僕はフェミニズムについてほぼ知識がないが、女性の人権運動だということは理解している。世間に当たり前に残る、女性蔑視や人権、そしてそれこそ、当たり前をなくそうと活動している人たちだ。彼らは当たり前と日々戦い、勝利や敗北を繰り返しながら女性の人権を拡張している。

 

今回のポスターの件では環境型セクハラだという訴えと共に日本赤十字社でこの絵を使うのはいかがなものかという問題提起から始まった。環境型セクハラは性的な絵や写真が公共の場所にあることで不快な思いをすることをいうらしい。つまり、「人権団体が人権侵害してんじゃねぇよ」っていうツッコミだ。

で、それにその絵のファンが「は?ふざけんなし。この絵のどこがセクハラだっていうんだ?あ??」とめちゃくちゃキレてるわけだ。

 

これは、二つの思想のぶつかり合いだ。フェミニズムは社会に蔓延する概念に対し疑問を投げかける。みんなが当たり前に思ってるそれ、人権侵害じゃないですか?と。

一方、オタク文化は基本的に簡略化、特徴化の文化だ。それはキャラクターをより少ない情報で読者に伝えるために、理解しやすく、魅力的なモノをより先鋭化させる。

元々相反しているのだと思う。対立する運命なのだ。究極を求める限り、必ずぶつかるだろう。そしてどちらもが妥協を許さない。

表現の自由フェミニストが持ち出してきた人権という物に対する盾だ。オタクは表現の自由のもとで我々を否定することを許さないと怒っているわけだ。

対するフェミニストたちは、この問題のそもそもはそこではないし、フェミニズムを欠片も理解してないまま言われてもねぇ、と言った感じだった。

 

僕は、フェミニズムについて最近知った。彼らの活動は崇高であると同時に非常に害悪だ。彼らは自分たちが一方的な正義であることを包み隠さない。そこにはある種の選民思想がある。思想に理解を示さない人間を時代遅れだの、馬鹿だの好き放題にいう。

確かにそういう側面はあるが、当たり前を打ち壊して平等を望むのに、彼らを馬鹿にする必要はあるだろうか。自分たちの思想を理解できない愚か者とレッテル貼りすることに意味はあるだろうか。ただ、気持ち良くなってるだけじゃないか。

 

また、オタクもオタクだ。そこには明確に不快になってる人間が居て、いかがなものかと言ってる中で、「は?これのどこがセクハラなんだよ」とキレてる様はまるで子供だ。自分とは違う、感じ方考え方が存在することを知らないのか。あまりに自己中心的な言動が目立つ人が多かった。話を曲解し、じゃあこれは?と屁理屈と駄々をこね、あまりに情けない。大人気ない、子供っぽい、大人。

 

炎上というものは、様々な人間が独自の意見を持ってその話題に参加する中で、異論や反論をぶつけ合うことで大きく成長する物だと思う。表現の自由は全ての意見や表現を制限なく発表、表明できることを言う。これは素晴らしいことだ。炎上はまさしく表現の自由の結果だ。どんなクソ野郎でもクソを出すことは誰にも止められない。

 

ハタチ。

少し前にハタチになった。

ティーンが終わり、お酒が飲めるようになった。美味しかった。

僕はなんとも言えない気持ちになった。僕はのんきで能天気だ。人生なんてこれっぽっちも考えてない。それでも、思う。これでいいのか?これじゃ、つまらないだろう。

あっという間に半年がすぎた。一年ももう直ぐ終わる。その事実に胃がキュッとなる。

周りが駆け足で大人になってゆく。そんな実感はずっと前からしていた。だけど、僕ももう大人になってしまった。子供ではない。周りはもっと前から大人だった。僕は何も考えないように、感じないように無視をして、その分もっと子供になった。

僕はこれからの日々もみないフリ、聞こえないフリをして、生きていかないといけないのか。そんなのは嫌だ。変わらなければ。変わろうと努力をしなければ。

このままだなんてつまらない、何かをしなきゃ。

LUCY

アマゾンプライムでルーシーと言う映画が新しく追加されてたので見た。

結構前になんかこれ面白そうだなと言う印象があった。

人間は通常脳の10%しか能力を使っていない。じゃあ、100パーセント使ったらどうなるの?と言う感じのあらすじ。

めっちゃ面白そうじゃん?モーガンフリーマンとかも出てて。

で、タイトル、と言うか表紙と言うか。題名が書いてある奴もめっちゃかっこいいの。

で、めっちゃワクワクしながら見たわけ。

正直、微妙。なんか、想像と違った感じだった。こう言うのを求めてたんじゃないと言う感じ。はじめの方はなんだかワクワクした。

正直、ヒーローもののようなイメージでいたから冗長な導入とか、やばそうな組織とかも、「おうおう、盛り上げるじゃん」って見てた。

だけど、延々と予想の範囲内にいる。突飛なことがない。突飛なことがなさすぎて、逆に意外。えぇ…。って感じ。

やばい奴に捕まって、やばい組織に連れてかれ、やばいものを運ばされるためにやばいことされる。えぇ…。普通じゃん、って思った。

ただ、ここでルーシーの脳を覚醒させるやばいクスリが登場する。ほんの微量でも人間を壊してしまうようなクスリ。これを大量に腹に詰められて運び屋として国外に出てゆく。

その途中で、腹につめたクスリの袋が破ける。少量でもやばかったクスリはルーシー脳をどんどん覚醒させてゆく。この感じ、ヒーローものとして、いい感じじゃん?

なんかアメコミって大抵こんな感じでヒーローパワー手に入れるじゃん。

だから、勝手にそう言う感じで無双するのかなって思ってたら全然違くて。なんか中途半端にヤクザに復讐して追われてますって感じで。え、さっき無双したのになんで壊滅させないの?ってモヤモヤポイント。そんで意味不な超能力をめっちゃゲットしたのに暴走運転をかますと言う。町めちゃめちゃにすんのよ。カーチェイスで超絶うまい運転的な描写で、対向車線走ったり色々すんだけど、いやいやお前超能力手に入れてんじゃんって言う。なんか描写がちぐはぐと言うか。さっきあんなことやってたのにソレするの?みたいな。

映画として終わらせるためになんか面白い部分削っちゃったような印象。関係者に気を使いながら視聴者に伝えたいことを伝えるからね!みたいな。え、面白くない。

全体的なイメージは、まずこの世には恐ろしい悪人がいるから気をつけるんだゾってことと、おクスリは危ないゾってこと。これはわかりやすかった。途中主人公はこの薬が足りなくなって体が崩壊しかけるんだけど、ただの麻薬中毒者な描写だった。あと前半がリアルな描写クラブとかで遊んでるギャルがやばい奴らに巻き込まれてゆく、と言うありそうな事件を順当に描いて行く中、中盤から後半にかけてチート感と言うかラリってる感じを大真面目にやる感じ。これが、たぶんクスリの描写だと思う。だから、この後半にかけてのスーパールーシーちゃんはラリっちゃった夢の中なのかなって思った。

期待してたのとは違ったけど、最後まで引き込まれてみたし、不満のある描写もよく考えたら意味深な雰囲気があって考えさせる作品だった。まぁ、でもアメコミルーシーちゃんをみてみたいけどね。

給料の行方。

さて、昨日は給料日。今日はそのお金をひとまず半分ぐらい引き落としてきた。

とは言っても、一万五千円だけ。

今まで無収入のニートからしたらそれなりの大金ではある。

明日は合宿があるし、多めに持ってこうというつもりだった。

まぁ、なんか本とか買って行ってもいいかなってぷらっとそのまま買い物をした。

結果、一万円ほど消えた。

 

あるぇ?はっやくな〜い?

ブックオフ:本三冊。

CD屋:星野源のライブDVD一枚。ピック一枚。イヤホン一本。

 

そらぁ、減りますわな。

 

あるだけ買っちゃう、そう。僕が浪費家オヂサンです。

一応、まだ余裕はある。親からも合宿手当の温情があるし問題はない。大丈夫。

まぁ、この時間まで起きてるってことが一番大丈夫じゃないんですけどね。

ははは。

ワロエナイ。

 

 

給料日。

部活兼部してるから、二つ合宿行くんですわ。お金がいくらあっても足りんどす。

そういえば、初めて知ったんだけど何日締めってその日が給料日じゃないんだってね。

 

日給じゃない、普通のコンビニバイトを初めてしたから、給料がどう出るのか知らなくて。

なんか、15日締めだって言ってたから、なるほどその日が、給料日なんだなって思って今月の16ぐらいに銀行見たら入ってないし。

うん、詐欺か??ってなったんだけど、どっかしら勘違いしてんだろうなぁって思ったものの、給料日なのに給料振り込まれないって何事だってなって。

 

色々考えたときに、連休があったりしたから、早めに振り込んでくれたんじゃないかってなって。そしたらその連休明けすぐに合宿に行くとこだったから、その直前にちょっとお金おろしてて。その時見た金額と変化ないからおかしいな、って思ってったけど、もしやこれがすでに給料振り込まれた後だったんじゃないかとか思ったり。

疑心暗鬼になりながら、でも通帳見ても振り込まれてないしなぁって思って。

 

バイトで一緒になった先輩に、給料振り込まれてないんですけど、どういうことでしょうねっていうのもあれだから、それとなく、そういえば、給料日って15日じゃないですかぁって言ったら、すぐ先輩が、いや15日締めってだけで、給料日は30日って言って。

 

あっさりよ。人に聞くのが早いね。

まぁ、てな訳で今日、初給料が振り込まれましたわ。三万ぐらい。

合宿で半分ほど吹っ飛ぶけど。ははっ。明後日合宿言ってきます。

そういえば、もう一つの合宿の話、全くしなかったね。めんどくさいし、もう忘れちゃったけど。楽しかったです。

 

また四時まで起きちゃった、やばいね。明日合宿なのに、今日バイト入れちゃったし。

つらたん。

八月の歩み。

八月がもう少しで終わろうとしています。みなさん、いかがお過ごしでしょう。

僕は昼夜逆転生活により、疲労と下痢に悩まされております。

さて、ブログというものを始め、すでに数ヶ月。

今月は、ほぼ毎日、というと些か大げさになるほどのペースで記事を投稿しました。

内容は薄く、読みづらいものでしたけど、ひとまず続けようという意思を持つことには成功しました。

続けることが一番難しいですからね。

 

僕のこれからの目標は、内容を濃くすること。毎日投稿でなくてもいいから、内容の濃度を上げることを目標に次回から取り組みたいなと思う。

がんばろ。